Pocket
LINEで送る

ホスピスや病院、高齢者施設などへ訪問しレクリエーションとして二胡を演奏をいたします。ご依頼を承ります。ご希望があれば個室への訪問も承ります。

活動の経緯

もともと私が二胡を始めたきっかけは重度の突発性難聴を患って右耳の聴力を失ったことがきっかけでした。それまでは実は音楽とは全くの無縁だったんですよ。音感には全く自信が無く、拍子はとれない、リズム感なし。音外れていても気づかない・・・(笑)

芸能音痴で曲もあまり知らず、自分が楽器を演奏することになるとは思いもしませんでした。

そんな私でしたが入院中に人生を悲観した時にスピリチュアルの良書にめぐり逢い大きな気づきと学びがありました。

入院患者同士で助け合っている姿もみました。ベッドから動けなかった私に食事の上げ下ろしなどを同室の方々が手伝ってくれました。それをきっかけに退院後は何か私にできることをしたいという思いが芽生えました。

▼突発性難聴での経験はこちら

その時思いついたのが音楽。癒やしのエンターテイメント。

当初から高齢者施設などでの演奏が念頭にあったので、弦楽器などが音色が柔らかくていいだろうと退院後に習い始めた二胡。その後二胡のボランティア演奏グループ「すみれ組」を立ち上げ、7年ほどグループで高齢者施設への訪問演奏を行いました。そして現在は個人で活動しています。

すみれ組演奏活動
二胡演奏グループすみれ組演奏

サービスが届かないところがある

ある時施設のスタッフさんに、できれば部屋から出てこれない(寝たきり)方の個室も二部屋ほどまわって欲しいとの要望をいただき各部屋で2曲程度ですが演奏させていただくことがありました。

事前にご依頼いただいていて、当日はご家族の方もおいでになり、入居者様、ご家族様ともに大変喜んでいただけました。

その時、ああ、ボランティアなどの娯楽が部屋から出られない方には行き届かないのだということに気づきました。こういう個室を訪問する活動ももっとやってみたいな思いました。

現在は音楽とは別に心と身体のケアをするヒーラーとしての活動を少しづつ広げているところですが、二胡演奏はヒーリングの一環として今後も活動を続けています。

演奏は人の心にダイレクトに届き、感動を与え、癒やしをもたらすことができる。そんな信念のもと、訪問演奏サービスを提供させていただきたいと思います。

そらの和花のプロフィールはこちらから。

そらの 和花

訪問演奏詳細

◯活動日
平日は会社務めがありますので土日祝日のみの活動となります。時間帯はご相談に応じます。

◯活動地域
愛知県内を想定していますがご依頼に応じて伺わせていただこうと考えています。

◯料金
演奏は無料です。交通費をお気持ちの範囲で援助いただけたらありがたく存じます。当方は愛知県常滑市在住です。

◯演奏内容
施設でのレクリエーションとしての演奏であれば1時間以内でご希望に応じます。
個室訪問であれば、希望の訪問部屋数によります。2〜3曲程度で訪問部屋数を鑑みて調整させていただきます。なるべくご希望に沿いたいとは思いますのでご希望はコメント欄にご記入ください。

◯確認事項
入居者様、患者様のご家族が依頼くださる場合は、必ず入院・入居のご施設での演奏許可を事前にお取りいただいた上でご依頼ください。また、ボランティア演奏ですので、訪問演奏にあたっていかなるトラブルも責任を負いません。よろしくお願いいたします。

◯オプション
ご希望があればエネルギーヒーリング、ヒーリング整体等の施術もさせていただきます。その場合は別途お時間も必要になりますのでご相談ください。
※ヒーリングは本人またはご家族の許可(受けたい旨の意思表示)が必要です。

皆様とのご縁をお待ちしております。

▼お申込みはこちらから
https://ws.formzu.net/dist/S93991182/

必要な場所・人々にこの情報が届きますように。

Pocket
LINEで送る