Pocket
LINEで送る

ブログ筆者:吉田和香子(音楽活動は「そらの和花」で活動)

*このブログは『自分らしく輝いて人生を生きる』ヒントの提供と趣味・雑記の混在ブログです*

そらの 和花

人生の意義は自分をどれだけ人のために役立てられたかに尽きると思っています。

それを義務感を持ってするととても苦しく辛い。

だから、自分の『好き』なことを追求して、それで人に喜んでもらえたら嬉しい。
趣味を趣味で終わらせず社会に人のお役に立てられたら嬉しい。
何よりその方が自分が自由で楽しい。

そんな思いで活動しています。

活動内容

スピリチュアルな世界とヒーリングとの出会い

30代で重度の突発性難聴を発症。入院した当初、ぐるぐる目が回って頭一つ動かせず、このまま平衡感覚がもどらず誰かの世話になりながら生きるのかとどん底の思いを経験し人生を悲観しました。

そのどん底の時に出会った江原啓之さんの書籍『人はなぜ生まれいかに生きるか』。

この本で最初の大きな気づきがあって救われ、そして世界3大霊訓の一つ『シルバーバーチの霊訓』のおかげで、人生無駄なことは一つもない、この苦しい経験にも全て意味があるのだとわかり立ち直って前に進めました。

その後、シルバーバーチの数多くの霊言集からこの世の摂理、宇宙の自然法則を学びました。

上述の霊訓をはじめ、『ベールの彼方の生活』など数々の良書に触れ、視界がどんどん大きく広がるのがわかり、貪るように関連図書を読みあさりました。

その後、いくつかのヒーリングの学びを経てたどり着いた『長尾ヒーリング』との出会い。これがヒーラーとしての歩みのスタートとなりました。長尾弘先生の書籍やヒーラー仲間からも多くを学びました。

ヒーリングの究極の目的は体治しではなく「霊性への目覚め」「霊性進化」です。

地上に生を享ける時、地上で何を為すべきかは魂自身はちゃんと自覚しております。何も知らずに誕生してくるのではありません。自分にとって必要な向上進化を促進するにはこういう環境でこういう身体に宿るのが最も効果的であると判断して、魂自らが選ぶのです。

ただ、実際に肉体に宿ってしまうと、その肉体の鈍重さのために誕生前の自覚が魂の奥に潜んだまま、通常意識に上がって来ないだけの話です。

シルバーバーチの霊訓より

それならば目の前の事象でうなだれているより、生まれる前に自ら作ったブループリント通りに目覚めるための機会『ウェイクアップ・コール』が来たと受け取りたいですよね。

この世には奇跡と呼ばれるような治癒事例がたくさんありますが、実はこれは私達人間が自らの霊性に気づくための起爆剤です。その時魂が揺さぶられるからです。その機会を活かせるかは本人の自覚しだいです。

叶うならまだまだ微力ながら、少しでもそのお手伝いができたら嬉しいと思って活動しています。願わくば皆様一人ひとりの中の魂が本来の輝きを取り戻しますように☆

スキル

  • 長尾ヒーリング
  • シータヒーリング
  • 独自のエネルギーヒーリング
  • ユニバーサルタッチセラピー
  • 仁癒・腸もみセラピー
  • ヒーリング整体NIWAメゾットBASIC
  • アロマハンドFAB
  • 日本パステルホープアート協会認定正インストラクター
  • 結晶の花マイスター

その他経歴

  • 小さい頃から古代エジプトに憧れがあり、好きすぎて勢い21才の時にエジプトへ1年間留学。
  • エジプト周辺国(ヨルダン、シリア、トルコ、ギリシャ)をはじめ、中南米(メキシコ、グアテマラ、ペルー)やスイス、オーストラリア、ニュージランドなどを一人旅し、世界遺産や広大な自然を体感。現地の人々との交流を楽しむ。
  • 重度の突発性難聴を患い入院した際に患者同士が助け合いがとてもありがたく、この経験がきっかけで将来的に訪問演奏をしたいと思うようになり楽器『二胡』を習い始める。
  • 二胡演奏ボランティアグループすみれ組を結成。7年間高齢者施設などで演奏活動を行う。
  • 長尾ヒーリングとの出会いがきっかけでヒーラーの道へ。東日本大震災後、長尾ヒーリングの横塚先生率いるヒーラーグループ東北癒し隊に参加。熊本癒し隊、北海道癒し隊などに参加。ヒーリングや二胡演奏を行う。

二胡&アート以外の趣味・好きなこと

  • 旅行(古代遺跡、大自然大好き)
  • 瞑想、ヨガ、ウォーキング
  • 囲碁(「ヒカルの碁」で開眼)
  • 読書
  • 乗馬
  • スキューバーダイビング
  • ビーズモチーフ作成
  • ひなたぼっこ、ティータイム

SNS

Facebook: https://www.facebook.com/solano.waka

Instagram: https://www.instagram.com/healing_sola/

Ameblo(更新終了): https://ameblo.jp/atelier-la-sola/

Pocket
LINEで送る