護られていると感じた出来事ファイル3 アウェイクニング(上)

偶然では片付けられない、護られていると感じた出来事を書き綴ってます。
今回は病気した時のことを書こうとしたら少し自分の中でクリアにすべきことが出てきました。

書き出している目的は別記事で書いた通りなのですが、一歩間違えると本来の趣旨から外れてしまうなと。

なぜそう思ったかというと、「私は大きな事故にあったことがない。大病も近親者の死別も大きな挫折もない。でも意識高い方ってだいたい苦労されてますよね。私はそういう経験がない・・・」と思われてしまう方もいるからです。

確かに霊格を上げる道を目指すと試練が段階的に来るのは事実のようです。天からの研磨とお試しですね。

でも低い波動のために無くてもがなのトラブルを引き寄せる方もいますし、まるでご褒美のように(前世の徳からのご褒美で)幸せな人生を送る方もいます。

だから「苦労=偉い」、「苦労してない=未熟」とい単純図では絶対ありません。

一方で、そうと気づかずエゴから記事書いてしまうと方向性を間違ったメッセージになりかねない。なので自問してました。

・不幸自慢に陥っていないか?
・「大変な思いをしたけど乗り越えた私」に酔っていないか?
・誇張して記憶を歪めていないか、美化していないか?

だいたいこんなことです。で、たんたんと事実と”自分がそれをどう捉えたのか”を感じたまま書けば大丈夫という結論に達し、やっと書く気になりました。

前書き長くなっちゃった。

日差しの中の女性

これは、私がスピリチュアルの探求に入るきっかけとなった”アウェイクニング”、人生のターニングポイントとなった出来事です。

私は小さい頃から金縛り(体の疲れじゃなくて霊障っぽい)などが時々あったので霊は怖いという印象しかありませんでした。また、この話の当時はまだスピリチュアルブーム前、というよりスピリチュアルブームが始まりかけている頃でした。そんなの気づいてませんでしたが。

ある日急に片耳が聞こえなくなった

その日、夜くつろいでいると、ふと突然片耳が耳栓をしたように聞こえなくなりました。

あれ?どうしたのかな?疲れてるのかな?
その程度に軽く考え、寝て起きたら治っているだろうと思っていました。

翌朝、ひどい耳鳴りに驚きました。片耳は昨晩と変わらず聞こえないまま。それでも体調は何も問題なくいたって元気で、とりあえずそのまま出勤しました。

出勤してみたものの、やはりこれはいくらなんでも異常だと思い、中抜けして会社から最寄りの病院に行くことにしました。

「2時間ほどで、昼頃帰社予定」と書き置きして。戻ってくる気満々。

片方とはいえ聞こえない方の耳の中でセミが大合唱していたので少々運転に不安があり、かなり慎重に注意して運転したのを覚えてます。

そして無事到着。病院の玄関を入って初診受付の辺りで、急にふらっとして傍のソファーに座り込みました。

あれ? めまい?

気を取り直し受付をすませ、耳鼻科までたどりつきました。ソファで問診票を書き始めたあたりから急に体調が悪くなり、さっきより酷いめまい。

問診票に「めまい、吐き気、耳鳴り、片耳聞こえない」と記入して出したら看護婦がびっくりして飛んできました。そりゃそうだよね(苦笑)

「横になりますか?」と言われて、うーん、その方がいいかなと、待合の中にあるソファにぽてっと横になりました。

それきり、起き上がれなくなりました。看護婦さんに、「動けません(泣)」。頭を持ち上げようとすると、ぐるぐる天井が回ってしまってどうにもならずそのまま入院となりました。さっきまで体調は問題なくて会社にばりばり戻る気でいたのに。

診断は重度の突発性難聴でした。

長くなりそうなので続きは次回

投稿者プロフィール

吉田 和香子
吉田 和香子
ヒーリング整体&二胡奏者
心の健康のための『きづき』と『癒やし』を提供しています。
皆様一人一人が輝いて上を向いて歩けるようにサポート致します。
詳細プロフィールはこちら