辛いときに正面から向き合うか逃げるか

Pocket
LINEで送る

人生、生きていれば辛いことは大なり小なりいくつでもある。

辛いことが一度も無かったらむしろ人生は無駄になってしまうだろうと思う。

人は平和で安全で健康で円満で豊かであることを望むのが常だけれど、逆にそれはとても危うい環境という味方もある。よっぽど鍛えられた魂でなければそういった環境では簡単に怠惰に陥りやすいから。

人は様々なことを経験して打たれ磨かれて成長する生き物で、磨かれずして輝く原石など無い。苦しいこと、辛いこと、悲しいことは原石を削る磨き砂なのだ。

では苦しいこと、辛いこと、耐えられない心の痛みに、常に正面から向き合うべきなのか。逃げるのは弱虫なのか。

私はそうばかりではないと思う。

確かに辛いからと逃げてばかりいては問題は解決しない。向き合った結果の成功も失敗も教訓とし、魂の肥やしにして人間性を磨き成長していく。それが理想でしょう。

かといって、いつも真っ向から戦ってばかりいると自分を追い詰めてしまうこともある。

どうしても耐えきれなく辛いときは逃げたっていいと私は思う。それさえも人生経験だと思う。

心の避難所にかけこんだり、問題を避けたりと、自分の心を守ることが必要なこともあると思う。それでも結局はいつかは向き合わなくてはいけなくなるだろうけど、今向き合うか先延ばしにするかは選択の自由があると思う。

時間が心の準備をし、再度向き合う勇気をくれることもある。

自分の行動の結果の果実は自分が受け取る。それさえわかっているなら正面から向き合うも一旦逃げるも、どちらも経験の一部。そこに正しいも間違いもない。

とにかく、最も大切なことは一つ。これだけは確か。

生き抜こうね。

投稿者プロフィール

そらの 和花
そらの 和花ヒーリング整体&二胡奏者&アーティスト
・ヒーリング整体や二胡演奏、パステル画アートを通して心と身体の健康を応援します。
・ソーシャルサービスの恩恵が届ききらないところへ訪問演奏いたします。(在宅介護、施設で個室から出られない患者様など)
▶️詳細プロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る

次の記事

悲しきかな老眼は