失敗を歓迎できることの豊かさ

人って馴染んだ『安全圏』にいると安心で心地良くて、そこについ居座っちゃうよね。出るのは不安だもん。

そこから出るのは大仕事!!

そこから出る(新しいチャレンジとか)には可能性と漏れなくセットでリスクもついてくるから。

やらなくていい理由をさがしてしまう

失敗が怖くて、安全の保障が無いものにはなかなか手が出せない。

それで『できない理由』『やらなくてもいい理由』をたくさん探してきてしまう(笑)

人の感情の中で『恐れ』『取り越し苦労』というものは、なんて見事に全ての可能性をつぶすのだろう。

失敗がある人生のほうが魅力的

でも、いつか魂のふるさとに帰る際に人生を振り返って後悔することは『失敗したこと』ではなく、やらなかったこと、挑戦しなかったこと、避けてしまったことだ。

失敗が無いということは、学びや教訓を得ることもなかったということだ。

艱難辛苦はつらそうだけどそれが無い人生に魅力あるだろうか。

せっかく生まれてきたんだから、私は波乱万丈ぐらいの人生がいいな。

だって旅一つ例にしても、予定通りのスムーズな旅行より、多少予想外の出来事があった旅のほうが、かえって面白かったり、武勇伝のようになったりしてね。まぁトラブルは無い方が助かるけどカルチャーショックくらいならウェルカム!

「楽しかったよー」だけより、「こんなことがあってねー、大変だったけどこうしてなんとかなったんだ!(自慢げ)」の方が楽しいもの。

皆はどう?

参考

『何も後悔することがなければ、人生はとても空虚なものになるだろう。』 ヴィンセント・バン・ゴッホ(画家)

 

『失敗は受け入れられるが、挑戦しないということは出来ない。 』 マイケル・ジョーダン(バスケットボール選手)

 

『霊的なものにとって“恐れる”ということがなによりも強烈な腐蝕作用を及ぼします。恐怖心と心配の念は、私たちが特に不断の警戒を要する敵です。なんとなれば、それが霊力が作用する通路を塞いでしまうからです。』 シルバーバーチの霊訓(1)

 

『思い煩ってはなりません。心配の念はせっかくの援助の通路を塞いでしまいます。私はいつも取り越し苦労はおやめなさいと申し上げております。心配の念は有毒です。悪気を生み出し、それがあたりを取り囲みます。陰湿な雰囲気で包まれてしまいます。その状態になると霊の力も突き通せなくなります。』 シルバーバーチの霊訓(9)

 

投稿者プロフィール

吉田 和香子
吉田 和香子
ヒーリング整体&二胡奏者
心の健康のための『きづき』と『癒やし』を提供しています。
皆様一人一人が輝いて上を向いて歩けるようにサポート致します。
詳細プロフィールはこちら