サイトをSSL化しました

Googleによるセキュリティ対策強化の影響は他人事ではありません。

今月リリースが予定されているChromeの次期バージョン68。

セキュリティがさらに強化され、「http://」で始まる全てのWebサイトで警告文「保護されていません」を表示するという公式アナウンスがされています。

ということで、私もセキュリティ強化の流れに遅れをとらないよう、サイトをSSL化しました。

SSL化とは

SSL化とは、サイトの通信が暗号化によって守られるようにすることです。

特定ページだけではなく、Webサイト全ページのSSL化することを『常時SSL化』といいます。
時流で、今は一部特定ページだけでなく全ページが要求されてきているので、当サイトはこれに対応しました。

何が変わる?

当サイトに訪れてくれる皆様に安心してアクセスいただけます。

あと、SSL化対応済みサイトの方が表示が早いようです。

見た目の表示としては、URLアドレスが「http://」から「https://」に変わりました。

アクセスの際は、googleアドレスバーに「waka3.jp」(わかさんjpと覚えてね)と入力するだけでサイト表示されるので実際にはhttpsから入力する必要はなく今まで通りで影響ないです。

SSL化対応されていると、Google Chromeのアドレスバーには「保護された通信」と表示されます。
セキュリティが保護されている場合の表示

保護されていない場合、今のバージョンだと下図のようにインフォメーションマークが表示されるくらいですが、新バージョンでは「保護されていません」としっかり警告文で表示されてしまうそうです。いやーね。
(もしかしたら赤字でさらに目立つ表示になるかも?)
保護されていない場合の表示

(参考)安全性を示すアイコンの意味
安全性を示すアイコンの意味一覧
(googleサポート参照)

XSERVERのWEBサイト常時SSL化の方法

私はXSERVER使用しているので、こちらのサイトを参考に設定しました。
ご参考までに。
https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_fullssl.php

SSL化の落とし穴

一度SSL化してしまえばもう安心ってわけにもいかないようです。

記事の中で保護されていない外部サイトへのリンクHTTPSに対応していないコンテンツ(動画など)を貼ってしまうと、自分の記事まで保護されていないという扱いになってしまうようなので注意が必要です。

ブロガーの皆様、お気をつけあれ。

投稿者プロフィール

吉田 和香子
吉田 和香子
ヒーリング整体&二胡奏者
心の健康のための『きづき』と『癒やし』を提供しています。
皆様一人一人が輝いて上を向いて歩けるようにサポート致します。
詳細プロフィールはこちら