心配を信頼に置き換える

Pocket
LINEで送る

心配することは必ずしも愛の表現ではない
愛してるから心配するのではない

相手の持つ力を信じきれていないから
自分の安心範囲に相手をおいておきたい

これは愛情のようで一つの執着
心配する側の問題で相手の足を引っ張ってしまうこともある

思ったことが現実になる
心配する代わりに相手の輝く姿を信じて思い描こう

心配の念を向けられた相手は嬉しくない
どうして私のことを信用できないのかと

信頼の念を向けられた相手は嬉しい
それを誇りに糧に立派に輝く

失敗さえもその人の人生の学びと思い
どんな結果でも相手は最終的には輝くと信頼しよう

(補記)

私は心配という名のもとにいつも頭ごなしに反対する親に何度も反発した。悲しくもなった。
でも親心なんだろうし、親の愛だろうけどと何度も自分に言い聞かせた。

そういえば以前に、「最近久しく『怒り』という感情を覚えなくなったな」と思って(慢心)いた頃に、家族に対して怒り狂って叫びたいのに怒りすぎて心は叫んでるのに声にならずに苦しんでるところで起きるという夢を立て続けに2回見た。

愛情表現のような仮面をした『心配』がよほど私は腹に据えかねていたらしい。今は『心配』も一つの愛の形と思えるようになったけど、それまでけっこう格闘してきたよなぁって思い出した。どうして欲しかったのか。それを思い出して書いてみました。

投稿者プロフィール

そらの 和花ヒーリング整体&二胡奏者&アーティスト
・ヒーリング整体や二胡演奏、パステル画アートを通して心と身体の健康を応援します。
・ソーシャルサービスの恩恵が届ききらないところへ訪問演奏いたします。(在宅介護、施設で個室から出られない患者様など)
▶️詳細プロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る