徒然なるままに二胡練習日記

やりすぎとさぼりの狭間でうろうろしてます(笑)

二胡の発表会まであと一か月。

ところが張りきって練習していたら、左手が腱鞘炎のような感じになってしまいました。人差し指の先が神経痛みたいになってて、抑えると痛い。ビブラート頑張りすぎっぽい><

ビブラートは本来うまく力抜かないと綺麗にかけれられないのだけど、私は力んでやっちゃってるみたい(泣)

で、しばらく練習さぼってました。

先日、ちょっと指の状態が良くなったと練習再開すると、またついつい長時間やりすぎて再発。。。そしてまた練習さぼりの繰り返し。

うーん。基本の部分で『力を抜いて演奏する』ことの『練習』がしたいけど。。本末転倒(笑)

力をぬくと気づくこともある

なんでも教訓系の話にもってっちゃう私ですけど、これって楽器の練習に限らないなと。

頑張ろうと力むと逆に力はいりすぎてうまくいかない。

空回りしちゃう。

失敗する。

焦る。

ジレンマに陥る。

そんな時は、すっとそこから離れて力を抜いてリラックスする時間を自分に許すことも大切だよね。

すると、あれだけ思いつかなかった解決策やアイデアがぱっと湧いてきたり。本音が出たり。魂が本当に求めることは何か気づいたり。人生そんなもの。

そこには、周りのプレッシャーや声や、ましてや評価は気にする必要ない。方向性だけ見失わないようにして、自分のペースで頑張ればいい。



ってなわけで、手の状態と相談しながら、ほどほどに、でもしっかり(笑)、あと1か月練習頑張りたいと思います。

聞きに来てくださる方、楽しみにしていてくださいね。

天華二胡学院名古屋教室発表会のご案内はこちらから

投稿者プロフィール

吉田 和香子
吉田 和香子
ヒーリング整体&二胡奏者
心の健康のための『きづき』と『癒やし』を提供しています。
皆様一人一人が輝いて上を向いて歩けるようにサポート致します。
詳細プロフィールはこちら