睡眠は最高の瞑想であるーダライ・ラマ14世|〜睡眠中は何をしているのか

眠っている間私達は何をしているんでしょうね。

1. 情報整理と記憶定着

日中経験したこと、学んだこと、映像や記憶などの情報整理・統合をどうやら脳は睡眠中に行っているようです。特にレム睡眠時に行われていて、それにより記憶の定着が起こっているそうです。まさに睡眠学習ですね。

この整理は、私達が必死で頭で論理的に考えるより優秀らしいです。しっかり詰め込んだ知識が咀嚼できてなくても、朝起きたら理解がいっていたとか、悩んでた問題の解決策を思いついたというのはこういうメカニズムがあるんですね。ああ、でも解決策を思いついたというのは、ここでいう情報整理の結果だけでなく、次に書く里帰りで受け取ってきた情報がソースの可能性もあります。

2. 霊界への里帰り

スピリチュアル面からみた睡眠中にしていることを一言で表すと「霊界への里帰り」です。

実際には人間の全てが睡眠中に霊界を訪れております。これは霊的身体を死後の環境に適応しやすくするための自然の配慮の一つです。地上でも子供時代を過ごした土地を訪れると懐かしい記憶がゆっくりと蘇ってくるように、いよいよ肉体との縁が切れて霊界の住民となった時のショックを和らげると同時に、地上時代に訪れた時の記憶が次第に蘇ってその環境への適応が促進されるのです。
ーシルバーバーチの霊訓より

.
夜になると肉体のバイブレーションが下がるため、誰でも自然に霊界へ移行します。幽体離脱してどこかへ行ってしまうという意味ではありません。私たちはこうして生きて地上で生活している間も肉体が地上にあると同時に霊体は霊界にあります。霊は肉体の心臓や肺の隙間に詰め込まれているわけではありません。「どこ」という場所の問題ではなくバイブレーションの問題で、日中は肉体意識が強く睡眠中は霊体に意識の比重が移るだけです。朝になれば自然に肉体で目覚めます。安心ですね。

睡眠中に霊界に里帰りしている間にしていることをまとめると、だいたい次の項目にまとめられると思います。

・死後の環境適応のための準備
・霊体のエネルギーチャージ・ヒーリング
・守護霊とのミーティング(今後の対策・計画や必要な情報・知識の取得)
・今後出会う人との事前ミーティング・申し合わせ
・仕事

最後の仕事というのは、特殊な例ですがそういう方も一定数いらっしゃるようです。地上への執着によって光の世界へ登れず地上圏にとどまってしまっている霊の救済などのお手伝いを、霊界との約束で睡眠中に行っているケースがあるようです。睡眠中で見せてもらったものを地上に伝えるメッセンジャーのお仕事とかね。いろいろあるみたいです。

それはそれとして、肉体を生かしているのは霊体あってこそで、いわば肉体のエネルギー源ですから霊体のエネルギー補給はとても大切です。質の高い睡眠を心がけたいですね。

Sleep is the best moditation.
睡眠は最高の瞑想である。ーダライ・ラマ14世

.
こんなことを書きながら、仕事から帰ってから夕食後に二胡を弾き、その後ブログ書いて身の回りのことをしているうちに就寝が深夜1時や2時になってる私はバカですね。睡眠削ってやってるようじゃ長く続かないし本末転倒ですね。健康と睡眠の方が大事。ほんと、早く寝ます。

投稿者プロフィール

そらの 和花
そらの 和花ヒーリング整体&二胡奏者
心と身体の健康のための『きづき』となる情報を提供しています。
存在することの喜びで一人ひとりが響き合えますように。
詳細プロフィールはこちら