二胡演奏 構え方の基本と美しい弾き姿(特に女性は膝に要注意)

Pocket
LINEで送る

演奏の弾き姿。これって結構重要だと思うんですよね。人前で弾く時はビジュアルも気にしたいところ。すっと背筋を伸ばしてかっこよく演奏したいですよね。

衣装は皆さん気を配るのですが、ついついうっかりしがちなのがこの演奏中の姿勢。猫背やだらしない姿勢で演奏していたら演奏の魅力が半減してしまいます。

特に女性は脚。私は演奏後に自分の写真見て唖然、恥ずかしい思いをしたことが何回かあるので今日はこの姿勢について書いてみます。

まずは基本の構え方から。

二胡の基本の構え方

椅子

まずできれば椅子は座った時にに太腿が床と平行になる高さのものがよいです。二胡を足の上に乗せるのでどちらに傾いていても勝手が悪いです。

肘置きがある椅子は演奏の邪魔になるので、訪問演奏などをする時は「肘掛けのない椅子」をご用意いただけるよう事前にしっかり確認しておいたほうがいいです。

それで過去何度も失敗しました。高齢者施設などでは、ご利用者様が座る肘掛けのある椅子が多いんですよ。

普通の折りたたみパイプ椅子やシンプルな丸椅子などがいいです。

少し浅めに座って左太腿の上に楽器を置き、二胡の共鳴胴を左下腹部にぴったりとつけます。竿は少し左前方に傾けます。

二胡が服ですべらないために

服の素材によっては演奏中に二胡が滑ってしまうことがあるので、二胡の底の裏に滑り止めを貼っておくと便利です。

私はダイソーで買った「クッション滑り止めシート」を使っています。

滑り止めシート

特に二胡の場合チャイナ服とかシルク生地の滑りやすい素材の衣装が多いと思うので重宝しますよ。

姿勢〜女性は特に膝に要注意

これは女性向けの注意ポイントです。

そもそも二胡を乘せて安定する姿勢って膝が空いてるんですよね。普段練習は膝が離れるいわゆる「男座り」状態で練習していることが多いと思います(男性ほどは膝を離しませんが)。これ、パンツなら全く問題ない。

一方で人前での演奏は綺麗に見栄え良く演奏しようと膝だけくっつけるハの字か、膝下を全てぴたっとくっつけて揃えての演奏・・・そこに落とし穴。

二胡は太腿に乗せているため、脚を揃えるといつもより内側に位置がずれ、共鳴胴の身体に対する角度や位置が微妙に変わってしまうので、いつもと勝手が違う感じになってしまうことがあります。微妙な違いで気にならない程度かもしれませんが。

でも二胡は共鳴胴に対して平行に弓を引くので共鳴胴の角度は右手の弓に影響しますからね。

背筋も本番だけ伸ばそうとしたって、気を抜くとすぐ戻ってしまいます。演奏中に「背筋伸ばさなきゃ」「脚くっつけてなくちゃ」なんて思いながらじゃ演奏に集中しきれませんよね。

どうしたらよかというと、ありきたりの答えになってしまいますが、普段の練習から姿勢に気をつけることです。本番だけ姿勢を美しくというのはなかなか難しいです。

とはいえ、やはり膝を離して脚が床に対して垂直の方が弾きやすいのも事実ですので、発表会や人前で弾く予定ができてからでもいいので、本番同様の姿勢で演奏する練習をしたらいいかと思います。

衣装がロング丈

脚に関してだけなら衣装がロング丈ならそれほど気にする必要はありません。ロング丈の衣装は膝も隠れるし見目もドレス感覚でお薦めです。

そうは言ってもロング丈だからと油断していたら、真正面からの写真が膝幅で衣装が横に広がっていてみっともなかったこともあったので、ロングでも脚は揃ってたほうがビジュアル的にはおすすめですけど。

二胡演奏姿勢

衣装が膝丈

問題は膝丈の場合ですね。膝そろえないとみっともないどころか恥ずかしいことになります。

特に舞台やひな壇のあるステージの場合客席の方が低い位置だと、想像つくと思いますが、視聴者から見ると目のやり場に困ります(恥)

後で写真で気づいて「ぎゃ〜恥ずかしい」と叫んだことが何回か。

流石に失敗画像は載せられませんので大丈夫だった時の画像で(笑)
二胡演奏姿勢

チャイナ服も座るとスリットで横から足が太腿までガバっと出てしまうことがるので、気になるようなら下にアオザイのクワンを履くなどすると無難ですね。

パンツでも油断は大敵

パンツでも女性はあんまり膝が空いている弾き姿は美しくないですよね。

逆ハの字は問題外。膝をくっつけてハの字か、膝下までくっつけて(前後にずらすのはOK)きちんと揃えれたら見ていて美しいです。

脚のことばかり書いてますが背筋がまっすぐかどうか、猫背になっていないか、左右に傾いていないかなど、普段の自宅練習時から姿勢は気をつけたいですね。

音楽は弾き姿も含めてアート!

ぜひそういう心意気で普段から美しい姿勢での演奏を心がけたいものです。

合わせて読みたい

二胡外言の高温域をキレイに響かせるには
弓の持ち方の癖をなおす
二胡基礎〜右手運弓練習からやりなおす

投稿者プロフィール

そらの 和花
そらの 和花ヒーリング整体&二胡奏者&アーティスト
・ヒーリング整体や二胡演奏、パステル画アートを通して心と身体の健康を応援します。
・ソーシャルサービスの恩恵が届ききらないところへ訪問演奏いたします。(在宅介護、施設で個室から出られない患者様など)
▶️詳細プロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る