理不尽な相手に腹を立てるのは損〜負の連鎖を断ち切る「許し」

Pocket
LINEで送る

例えば身近な学校や職場、地域にトラブルメーカーがいるとします。その人や実際に起こったトラブルを思い出すたびにあなたはどんな気持ちになりますか?

思い返しては腹をたてる。いらいらする。理不尽だと感じる。反発心がおきる・・・果てはどうしたらやり返せるだろうと仕返しを考えてしまったりする。

程度の差こそあれこういった負の感情を抱いてしまうかもしれません。

私の場合実は時々職場でとても心が疲れる状況が発生してます。

でもいちいち不快になって腹を立てていたら、それってめちゃくちゃ大損!!

事象の原因や相手の態度、言動、行動の善悪はこの際関係ないです。ここで問題なのはそのことに対して自分が反応して負の感情を持つことが大損!!

理不尽さに対する怒りがもたらすもの

何が損なのか?

まずはこういったケースの場合、問題となる相手はその状況(低い波動)を自分で作ってるんだから仕方ないとしましょう。

でもそれに反応してこちらが否定的な負の感情を抱えると、自分の波動を落としてしまいます。負の感情は波動が低いので負のスパイラルを招きかねません。

特に女性は過去のことを忘れず何度も思い返してしまう傾向にある。私もそう。

思い返しては、あの時もこうだった、別のときもこうだった、「い・つ・も」こうだ・・・と思いが降り積もって負の念がエスカレートさえしてしまう。

でもちょっと冷静客観視してみましょう。

本当なら今の時間楽しいことを考えてリラックスして、実際になにか生産的なことをしているかもしれない。その時間を理不尽な相手を思って自分の心を負の感情でいっぱいにしてるとしたらどれだけ勿体無いことか。

相手はこちらに不快な思いをさせたことさえ気づかず楽しい時間を過ごしていい気分でいるかもしれないのに。

別の例でも似たような状況は起こりえます。たとえばいつも善行を心がけていて、人に親切にして喜んでもらえることを自らの喜びとしているとする。でもある時親切にしたのにお礼もなくありがた迷惑のような対応をされたとする。それでお礼も言わないなんてって相手に腹を立てていたら本末転倒ということです。

善行で霊性をあげるどころか、その負の感情で霊性を下げてます。本当にもったいない。

嫌な人 思う心は 我が心
思う心で 己苦しむ
ー長尾弘ー

対処は宇宙の法則に任せる

この世には原因と結果の法則があります。自分が蒔いた種は自分で刈り取る法則です。これにより世の中の理不尽なことや不公平なことは必ずいつか天秤がつりあいます。

だったら、私達がわざわざ心を苦しめてまで負の感情をもつことなんてないんです。そこは軽く宇宙に任せちゃいましょう(笑)

合わせて読みたい

 

この人はこれから経験(蒔いた種の結果)を通して学ぶのねと思って慈愛の念を送ってあげたらいいんですよ。頑張ってねっと思って「許す」。

上から目線(自分は悟ってて先を行ってるのよ、的な態度)にならないように、そこは注意してね(笑)。

で、あとは忘れる!

そうやって何か事象が起きて一時的にカチンときてもすぐ気づいて、深呼吸して手放しちゃう。そんなタフさと霊性を身につけられるといいですね。

本当の「許し」とは

こういったことは個人間、グループ間、地域間から昨今の国同士の諍いにも言えますね。

相手がやったからやり返す。恨みに恨みで返す。殺されたから殺す。そんな報復合戦は不毛で何もポジティブな結果を生み出しませんよね。民族間の争い、宗教戦争、世代を超えて既にどちらがもともと口火を切ったのかもわからない報復の連鎖。

「やられたから・・・」と憎しみを持っている限り鎖は断ち切れない。

いつか先に悟った方が相手を許して負の連鎖を断ち切るしか出口が無い。そこには大きな愛と決断が必要だけど、「許し」以外に断ち切る方法はないと思います。

なんで憎い仇を許さなきゃいけないのって?

「許す」というのは相手のためじゃなくていいんですよ。自分のために「許す」。「許し」こそが自分の苦しさを手放す唯一の方法になる。「許す」ことで、その囚われから自分を開放することができ自身が救われるということを知るといいと思います。

私が「本当の許し」というものを知ったのはある1冊の本です。こういうのを許しというのかと・・・目を覚まされる思いをしました。非常に感動した本です。

さぁ〜て、もともとは会社の出来事で感じたことを少し書くはずが、いつものごとく書いているうちに話が大きくなってしまいました(笑)

やれやれ。まだ今週ももう1日あるぞっと。

投稿者プロフィール

そらの 和花
そらの 和花ヒーリング整体&二胡奏者&アーティスト
・ヒーリング整体や二胡演奏、パステル画アートを通して心と身体の健康を応援します。
・ソーシャルサービスの恩恵が届ききらないところへ訪問演奏いたします。(在宅介護、施設で個室から出られない患者様など)
▶️詳細プロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る