奉仕の真理

Pocket
LINEで送る

例えば慈善で何かを寄付するのなら、相手が「施しをうけた」と惨めさを感じないよう、負い目を感じないようなスマートな差し上げ方をするのが思いやりだと思う。

何でもボランティアやサービスをするのは素敵なこと。
でも「してやった」と上から目線で傲慢になるならしないほうがいい。

奉仕は「してあげた」のではなく「させていただける機会をいただいた」のであって、
親切は親切を受けてくれる人がいないと成立しないのだから。

 

Pocket
LINEで送る