イベント「春の薫〜書と音の共演〜」で会場一体の空気感に感銘

Pocket
LINEで送る

春の薫〜書と音の共演〜

昨日(2021年3月21日)半田市の多目的スペース「まるもりhouse」で開催された「春の薫〜書と音の共演〜」のイベントに開演前のBGM担当として二胡で参加してきました。書の実演を映像以外で見た事が無いのでとても楽しみにしていました。

こちらが開催前の会場です。

春の薫〜書と音の共演〜

今回お誘いを受けて、会場Openからイベント開催までの受付時間のBGMを二胡で担当させていただきました。

まるもりhouseに出入りするようになってからずっとCD伴奏でソロ演奏してきたのですが、今回は念願のギター生伴奏での演奏です♪

普段はウクレレを弾いていらっしゃる竹本一也さんにアコースティックギターで共演いただきました。ギターと二胡の音色は弦楽器同士で相性がよくとても気持ちが良いです。

イベント「春の薫〜書と音の共演〜」 二胡:そらの和花 ギター:竹本一也 2021.3.21

イベントのオープニングを飾ったのも音楽です。
歌はまるもりhouse責任者でいらっしゃる守山典子さんと山口奈緒美さん、ギターはすずきのやすひとさんです。

とても澄んだ歌声でハモリが美しく、柔らかい音色のギターの響きが相まって会場うっとりです。

春の薫〜書と音の共演〜

 

書道パフォーマンスがいよいよスタートです。
書の実演をされるのは螢舟(守山木乃芽)さん。そしてパフォーマンスを彩る音楽は渡辺敬一郎さんのお手製陶器のリコーダーです。

螢舟さんのもつ空気感、始まる前の観衆の期待感の作り出す静けさの中、澄んだ和の音色が響き会場の空気感が変わります。

春の薫〜書と音の共演〜

一枚目は文字のみで「一陽来復」。意味は冬が終わり春が来ること。新年が来ること。螢舟さんは「悪いことが続いた後には幸運がやってくることを信じ祈って書きました」とのことでした。

二枚目は絵と書を融合させた作品で、梅の花を背景に文字は「春薫」に和歌が添えられました。

久々に感じた、凪いだ水面のように張り詰めた場の緊張感、皆の呼吸が一つになるような空間感覚がとても気持ちよかったです。笛の音色も相まって心が洗われるようでとても感動しました。

この素敵なイベントに少しでも出演者側で関われたことがとても嬉しく光栄に思いました。

さて、会場には他にも作品が展示してあり、それらの鑑賞も楽しみ、イベント後のティータイムも楽しみ、とても有意義な時間でした。

▼まるもりHouseのギャラリーっぷりはすごくて所狭しと展示物があります。展示粒写真は下記リンク先の記事にたくさん載せてあります。

投稿者プロフィール

そらの 和花ヒーリング整体&二胡奏者&アーティスト
・ヒーリング整体や二胡演奏、パステル画アートを通して心と身体の健康を応援します。
・ソーシャルサービスの恩恵が届ききらないところへ訪問演奏いたします。(在宅介護、施設で個室から出られない患者様など)
▶️詳細プロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る