瞑想が与えてくれる心のゆとりと豊かさ

私達はどれだけ身の回りに意識を向けられているでしょうか。

私達は日々雑事におわれ、一時安らごうにも、目を閉じても頭の中のおしゃべりは止むことを知らない。

あれをしなければいけない、あれを忘れていた、そうそうあれはどうなっていたっけ。

そして足るを知らない欲望に振り回され生きている。

愛、物、金、地位、名誉、尊敬、金、欲はとどまるところを知らない。

そんな自分に気づいたら、瞑想はとてもおすすめです。

マインドフルネス瞑想

呼吸に意識を集中する。

騒がしいマインド(意識)の声は無理やり止めようとするのではなく、ただ流して消えていくのを見守る。

頭の中のおしゃべりが静かになったら、今度は意識を外に向けていく。

外の公園で遊ぶ子どもたちの声や、鳥の声、風の音、虫の音に耳を傾ける。

今この瞬間に全意識を置いて全身で感じ取ってみる。

すると、とても心が安らぎ穏やかになる。満たされ何もかも大丈夫だと思える。

歩く瞑想

これもおすすめです。

私は海の近くに住んでいるので海沿いを歩きながら景色を眺めているとリラックスできます。

海に続く水門の夕焼けシルエット(近くの海に続く水門のシルエット)

毎日変わる空模様に、自然の「美」を感じます。

そして「知足」、足るを知るという思いになります。

その瞬間に自分を取り巻く自然の豊かさを感じ、生かされていると感じ満ち足りた感じになるのです。

ゆっくり深呼吸するだけでもプチ瞑想と言えると思います。

これなら仕事の合間や特に何か問題が起こったときにいつでもその場ですぐできて効果的ですよね。

瞑想方法、リラックス方法は人それぞれ自分にあった方法でやればよいと思います。

ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてください。

薄暮れ時の海で遊ぶ人々

投稿者プロフィール

吉田 和香子
吉田 和香子
ヒーリング整体&二胡奏者
心の健康のための『きづき』と『癒やし』を提供しています。
皆様一人一人が輝いて上を向いて歩けるようにサポート致します。
詳細プロフィールはこちら