お風呂で寝るのは「気絶」!お風呂で寝てはいけない!(ミシガン州の法律)

Pocket
LINEで送る

温泉に浸かる猿

ベッドだろうと、布団だろうと、ソファーだろうと床の上だろうと、寝れば「睡眠」という扱いですが、一箇所だけ別です。

それは・・・

お風呂。

米国ミシガン州では、風呂で寝るのは「睡眠」ではなく「気絶」という扱いだそうです。

なんと米国ミシガン州では、こんな法律まであるそうです。

「お風呂でウトウトしてはいけない」
It is illegal to sleep in a bathtub.

よっぽどお風呂での事故が多かったのでしょうか。

確かに、お風呂って気持ち良くてつい眠くなりますよね。

ただ、お風呂の中でウトウトとしてしまうと、のぼせてしまい脱水症状になったり、時には溺れてしまったりすることもありえますので危険ですよね。

ひどいときは意識がなくなることもあり、転倒によるケガにもつながるので気をつけたいですね。

・・・て言いながら、実はかなり危険な目にあった実体験があります。

お風呂であやうく・・・

もうかなり前の話ですけど、浴槽の外(洗い場)で立ち上がった瞬間に激しい立ちくらみで辺りが見事に一面タータンチェックになりました。その一瞬に「あっ意識を失う・・・」「倒れる」と感じて壁にタオルバーを掴もうとしたものの・・・

既に後ろ(浴槽側)に倒れ始めていてバーには届かず空振ったようです。手を伸ばしたところまでしか覚えていませんけど。

バスタブに頭から落ちた

気づくと浴槽に頭から落ちて逆さになっており、お湯の中で頭が逆さでぶくぶくしていました。苦しくて気づき慌てて起き上がって、這って脱衣室へ。

お湯も飲んでしまったし、何より浴槽の縁で後頭部を強く打ってしまっていて、脱衣所で声も出せずにうずくまりました。

幸運なことに頭を切ったりはしておらず出血も無く、大きなたん瘤ですみましたが、今思えば脳内出血になっていなくて本当によかったです。

とはいえ、実は私が突発性難聴を患った一ヶ月くらい前の出来事なんですよね。あれは三半規管の異常の予兆だったのかもしれません。もしくは、後頭部を強打したことが突発性難聴につながったなんてことは無いと思いたいけど、その辺りはわかりません。

どちらにしろ、本当に二度とごめんなので気をつけたいです。

起立性低血圧と脳貧血はなぜおこるか

長くお湯に浸かりすぎてしまうと、特に浴槽から立ち上がるときに立ちくらみや意識を失いかかることがあります。

これは立ち上がるときに血圧が下がり、脳の血液が一時的に不足しているためにおこります。特にお風呂に入って体が温まると血管が広がって血圧が下がりやすくなります。血液は下の方に集まってしまい、脳が一時的に貧血を起こします。

自律神経障害によっても心臓が血液を押し戻す力(足先の血液を心臓に戻す力)が弱まり、脳貧血を起こしやすくなります。

私は前述の事故を教訓に、それ以降少しでも立ちくらみの気配があると私はすぐにさっとしゃがみます。何かに掴まろうとしても経験上、掴まれる保証がないのでしゃがむに限ります。倒れても強打せずにすみますからね。

時々再度立とうとするとまた立ちくらみする場合があります。そういうときは一気に立たずに、まずはお辞儀の姿勢くらいで少し頭の位置を高くして様子を見てから体を起こすようにしています。

日常での注意

気をつけたいシチュエーションはいっぱいあります。

・朝目が覚めた時に寝坊しても急に起き上がらない(私はよくやってしまいますが)

・トイレで用を足した後は血圧が下がりやすいので注意(特に高齢者)

・駅のホームなどで急いで立ち上がらない

・電車でうたた寝して、急に慌てて立ち上がらない(といっても降りる駅だとやっちゃうだろうけど)

・上司に呼ばれてもゆっくり立つ(笑)

・お風呂に入る前には水分をとる(脱水症状防止)

他にもいろいろな場面があると思います。皆様もどうかお風呂でのうたた寝だけでなく、立ち上がる時はいつも心配りくださいね。

▼お風呂の隠れるのはあり^^
お風呂に隠れる猫

合わせて読みたい

余談

ミシガン州には他にも面白い法律があります。

夫の許可なしに女性は髪を切ってはならない。
It’s illegal for women to cut their hair without heir husband’s permission.

なんと妻の髪は夫のものであるとの記載があるそうな。

都市伝説レベルの冗談のような法律ですね。ユーモアの一環なんでしょうか??
はたまた女性のロングヘアがお好きな土地柄なんでしょうかね??

投稿者プロフィール

そらの 和花
そらの 和花ヒーリング整体&二胡奏者&アーティスト
・ヒーリング整体や二胡演奏、パステル画アートを通して心と身体の健康を応援します。
・ソーシャルサービスの恩恵が届ききらないところへ訪問演奏いたします。(在宅介護、施設で個室から出られない患者様など)
▶️詳細プロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る