パラサイト・クレンズの基本3つのハーブを一度にとれるお手軽人気商品

Pocket
LINEで送る

以前チャレンジしたパラサイト・クレンズで使用したハーブ商品のご紹介です。クレンズ中の食事制限についての補足も載せています。

パラサイトクレンズの紹介

 

私はネットでいろいろ調べた結果、こちらを使用しました。
Kroeger Herb社のワームウッドコンビネーションです。

ワームウッド・コンビネーション

パラサイト・クレンズ商品「ワームウッドコンビネーション」の成分

同社の長年の研究で最適なハーブがブレンドされています。

パラサイト・クレンズの基本の3つのハーブ

黒クルミ(ブラックウォルナット)・・・古くから寄生虫駆除(抗バクテリア、抗ウィルス、抗真菌)のスーパーフードとして認められてきました。寄生虫や菌類の繁殖を抑制する作用に加えて緩下作用もあるため、便と一緒に寄生虫を排泄する働きも期待できます。

ニガヨモギ(ワームウッド)・・・寄生虫(特に回虫)の駆除、粘液分泌の減少、腸運動と排尿の活性化、健胃と消化促進、肝臓や胆嚢の解毒などの作用が期待できるとされています。

クローブ・・・寄生虫とその卵を駆除する効果、抗炎症効果があります。また他の駆虫作用のあるハーブの摂取に伴う膨満感を軽減します。

黒クルミの外殻とニガヨモギは幼虫と成虫に効き、クローブは卵に効きます。

この3つのハーブの組み合わせにより、100種類以上の寄生虫を殺す事が出来るんだそうです。
スーパータッグというわけですね。

このワームウッドコンビネーションは、およそ20年に渡りKROEGER社のベストセラーとなっている製品なんだそうです。

その他のブレンド成分

ニガキ(カッシア)・・・強い抗菌作用。健胃と消化促進
セイヨウオシダ・・・寄生虫駆除

ハーブで駆除というのがいいですね。西洋医学の対処療法よりやはり自然のもので体を調整したいですからね。

パラサイトクレンズ中の食事規制はなぜあるか

寄生虫は酸性の環境が住みやすいです。寄生虫、悪玉菌、ウイルス、カンジタ、その他の病原体は、体内が酸性に傾いていると大量に増殖します。

しかし体内が弱アルカリ性に保たれていれば、このような病原体や菌は生きていけないため、(体内から)逃げていきます。ということはクレンズも体を弱アルカリ性にすると効果的ということですね。

パラサイト・クレンズ中の食事制限では、とうぜん酸性食品が挙げられていますが、中にはアルカリ食品である発酵食品(味噌、醤油、納豆)なども避けるべき品目に入っています。体に良さそうな健康食品なのになぜでしょうか。

これらは「酸性・アルカリの分類」ではなく、健康食品であるかどうかでもなく、「寄生虫や菌類のエサになるかどうか」という理由であげられています。

食事制限はなかなか大変ですけど、いろいろ長年の研究で作られた商品を最高のパフォーマンスで効果をだすためにある制限ですから、できる範囲で頑張りたいですね。

購入方法

アマゾンでも購入できますが、iHerbというアメリカの通販サイトで購入した方が安く買えます。
▼iHearbはこちらから

初めてサイトを開いた時に英語サイトで出てきたら

<手順>
1.ページ左上の言語設定で日本を選択します。iHerbロゴの右にある「▼」マークをクリックします。
iHerb

2.国名選択が出てくるので「JP(日本)」を選んで「設定保存」ボタンをクリックします。
iHerb

3.日本語サイトで開きます。後はショッピングを楽しみましょう。

iHerb

私の経験ではクレンズ中に体重も減り、便の質もよくなりました。今度は腎臓クレンズもやってみたいなーなんて思っています。

投稿者プロフィール

そらの 和花
そらの 和花ヒーリング整体&二胡奏者&アーティスト
・ヒーリング整体や二胡演奏、パステル画アートを通して心と身体の健康を応援します。
・ソーシャルサービスの恩恵が届ききらないところへ訪問演奏いたします。(在宅介護、施設で個室から出られない患者様など)
▶️詳細プロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る